九州学生ゴルフ連盟


組織図

第1章 総則

第1条
本連盟は、九州学生ゴルフ連盟とする。
第2条
事務所を福岡県福岡市中央区清川3丁目16-13におく。

第2章 目的および活動

第3条
本連盟は、ゴルフを通じて加盟校ならびに加盟員間のスポーツ精神の養成、人間形成、体位向上、及び親睦を図ることをもってその目的とする。
第4条
本連盟は、前条の目的を達成するため、次の活動をする。
第1項
競技会の企画・運営。
第2項
他の学生ゴルフ連盟と競技会の企画、運営
第3項
ゴルフのエチケット・ルール、技術に関する研究
第4項
その他目的の達成に必要な活動

第3章 組織

第5条
本連盟は、九州地区(沖縄を含む)に所在する大学を代表するゴルフ部またはゴルフクラブ(団体加盟)ならびに個人加盟者(個人加盟)をもって構成する。
第6条
本連盟における、九州地区とは、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、鹿児島県、宮崎県、沖縄県 の地域をいう。
第7条
加盟ゴルフ部員、ゴルフクラブ所属員で新たに登録された者は、登録年度より4年間加盟することができる。ただし、学校で認められた留学、病気、その他の理由でクラブを1年単位で休部し、なおかつその年の試合に一試合も出場しない場合に限り、その年を加盟年数に数えない。なお、専門学校、通信教育学部(課程)の学生および外国人留学生のうち留学ビザの交付を受けていない者については、加盟を認めないこととする。
第8条
団体加盟
本連盟に加盟しようとするゴルフ部は、加盟申請書に下記の書類を添えて申し込みをしなければならない。
第1項
学校を代表するゴルフ部またはゴルフクラブの証明書
第2項
ゴルフ部またはゴルフクラブの役員の氏名・および住所
第3項
ゴルフ部員、またはゴルフクラブ員の学部、学科、学年、氏名、および住所


個人加盟
第1項
目的
本件は、学校を代表する体育会ゴルフ部を持たない大学、または体育会ゴルフ部があってもその部が本連盟に加盟する意思がないと判断できる大学に在籍する学生が、本連盟に加盟できる機会を与える為のものとする。
第2項
個人加盟に該当する学生は以下に該当する者のみとする。
 イ、本連盟に加盟を希望する学生が在籍する学校に、学校を代表するゴルフ部をもたない者
第3項
連盟における事務手続きの一切は個人加盟者本人によって行われるものとする。


加盟手続き
第1項
本連盟に加盟登録する場合、以下の提出を要する。
イ、在学証明書(入学前やその直後の1年生は合格証明書)
ロ、個人加盟登録用紙(団体も含む)
ハ、取得単位証明書(1年生は除く)
ニ、継続・新規加盟費振込明細書
ホ、留学ビザの写し(コピー)
第2項
加盟の期間は1年ごととし、その期間は毎年4月1日から翌年3月31日とする。
第9条
本連盟の加盟および脱会の承認は理事会の決議による。
第10条
加盟大学ゴルフ部、またはゴルフクラブが本連盟を脱退しようとする場合はその旨文書を持って申し出なければならない。

第4章 役員

第11条
本連盟に次の役員を置く。
  1.会長    1人
  2.副会長   2人以内
  3.専務理事  1人以内
  4.常任理事  2人以内
  5.理事    3人以内
    ※1〜5に関しては、一般職とする
  6.委員長   1人
  7.副委員長  2人以内
  8.事務局長  1人
  9.競技委員長 1人
  10.会計局長  1人
  11.渉外局長  1人
  12.広報局長  1人
  13.常任委員  4人以内
    ※6〜13に関しては、学生職とする
第13条
1.会長は本連盟を代表し、会務を統括する。
2.副会長は会長を補佐する。会長に事故があるときまたは欠けたときは、その職務を代行する。
3.理事は理事会を組織し、本連盟の運営に関する重要事項及び、最高決議機関を審議する。
4.専務理事は会長および副会長を補佐するとともに、委員長および学生役員との調整を図る。
5.専務理事は理事会を組織し、本規約に定められた事項のほか、理事会(役員会)の委任を受けて本連盟の運営に参画する。
6.委員長は会務を執行する。
7.副委員長は、委員長を補佐し、委員長が事故または欠員のときはその職務を代行する。
8.事務局長、競技委員長、広報局長、渉外局長、会計局長は委員長の指示を受け、それぞれの担当事務を執行する。
9.常任委員は競技、渉外、広報等の職務を執行する。
10.連盟委員は委員長の指示を受け会務を補佐する。
第14条
1.会長は総会において選出する。
2.副会長は会長が氏名推薦する。
3.理事は会長、副会長の合議により次の者から氏名推薦する。
 イ.教育指導に携わる者
 ロ.学識経験者
 ハ.九州学生ゴルフ連盟(一般職)が推薦し適任と思われる者
 ニ.学生委員として委員長、副委員長、事務局長、競技委員長、広報局長、渉外局長、会計局長に携わった者
4.専任理事は会長および副会長の合議により理事の中から指名推薦する。
5.専務理事、常任理事、理事、委員長、競技委員長は、会長(副会長)九州ゴルフ連盟と合議の上、推薦指名とする。
6.理事への推薦は、当連盟会長、副会長、専務理事、常任理事、理事の中から2名以上の推薦を受けた者。の他に委員長、競技委員長、会計局長、事務局長の中から2人以上の推薦を受け、理事会の承認後、九州ゴルフ連盟の承諾をもって理事としての役職に就く。
第15条
1.会長、副会長、専務理事、常任理事、理事の任期は、複数年とする。但し、再選は妨げない。
2.連盟委員長以下学生役員の任期は1年とし、交代は12月31日をもって行う。
3.学生役員の補欠または増員により、選任された役員の任期は、前任者または現任者の残任期間とする。
4.学生役員はその任期満了後でも後任者が就任するまでは、なおその職務を行う。
第16条
役員が次の各頁に該当するときは理事会の承認を得る事により辞退することができる。
  1.心身の故障のため、職務の執行に耐えられないと認められた時。
  2.自己都合により本人が辞退を求めた時。

第5章 会議

第17条
本連盟の会議は、理事会、を最高決議機関とする。
第18条
定期主将代表者会議は、毎年1回春季に会長が召集して本規約に定めるものの他、次の事項を審議する。
定期主将代表者会議の構成員は、委員長、競技委員長、学生役員、加盟校の主将、代表者及び会長(副会長)が認めた者
第19条
下記の事項は定期主将代表者会議の会議に提出して、審議とする。
   1.会長選任    
   2.前年度活動報告
   3.前年度決算
   4.当年度活動報告
   5.当年度予算
   6.規約改正案
   7.その他の重要事項
第20条
理事会は、原則として年2回春季と秋季に会長(副会長)が召集し、議長となる。
第21条
主将代表者会議は、会長(副会長)が必要に応じて召集して議長となる。
第22条
主将代表者会議の議決権は、1加盟校につき、1票とする。
第23条
1.会長、副会長、専務理事、常任理事、理事の任期は、複数年とする。但し、再選は妨げない。
第24条
全ての会議は議事録を作成し、議長及び出席者の代表2名以上が署名捺印の上、これを事務所に保存する。

第6章 会計

第25条
本連盟の運営費は、団体加盟費、個人加盟費、新規加盟費、寄付金、その他による。
第26条
加盟校は団体加盟費、個人加盟費および新規加盟費を納めなければならない。理由の如何を問わず既納の会費は、これを返還しない。
第27条
加盟校は団体加盟費、個人加盟費、新規加盟費、および負担金を納めなければならない。期限内に納入しない場合は理事会の承認を得て除名する事ができる。
第28条
本連盟の会計年度は、毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。

第7章 名誉会長・顧問・相談役

第29条
本連盟に名誉会長を置くことができる。名誉会長は理事会の議を経て、本連盟の会長経験者で本連盟に対して特別の功労があった者の内から会長が委嘱する。名誉会長は終身とする。
第30条
本連盟に顧問を置く事ができる。顧問は、理事会の議を経て学識経験者の内から会長が委嘱する。顧問の任期を1年とし、再任は妨げない。
第31条
本連盟に相談役を置く事ができる。相談役は理事会の議を経て本連盟の会長経験者、または特に功労のあった者の内から会長がこれを委嘱する。相談役の任期を1年とし、再任は妨げない。

第8章 賞罰

第32条
本連盟は成績優秀で模範となる加盟大学または加盟員を理事会の議を経て会長がこれを表彰する。
第33条
学生ゴルファーとして、本連盟の目的に反し不名誉な行為があった場合は、理事会の議を経て加盟校及び加盟員に対し出場停止等の処分をすることがある。

附則

第34条
競技規程は別にこれを定める。ルール、アマチュア資格規則は日本ゴルフ協会発行のゴルフ規則2007年版による。
 
1.本連盟が主催、共催、または後援しない競技会へ本連盟加盟校および加盟員が出場の場合、
  事前に本連盟の許可を得なければならない。ただし、日本ゴルフ協会及び各地区ゴルフ連盟の
  公認した競技会並びに加盟員が所属するゴルフクラブの競技に参加する場合はこの限りではない。

 2.公式ではない、いかなる学生競技会も、スポンサーにより経済的援助を受けることはできない。
  また、本連盟の加盟校および加盟員が当該競技会に参加することはできない。
第35条
本連盟に加盟を許された者は、ゴルファー保険に加入しなければならない。
第36条
本規程は2007年2月10日より施行する。尚2004年4月1日改正の九州学生ゴルフ連盟規約競技規程は本規約施行と同時に廃止する。



第1章 総則

第1条
本規程は、九州学生ゴルフ連盟主催とする運営及び競技会に対して適用する。但し、 本規程は競技会の運営に対する適用を主旨とし、ルールは日本ゴルフ協会 (JGA)制定当該年度競技規程に依る。その他のルールは連盟の競技委員 会に於いて決定する。
第2条
大会役員は競技委員会に於いて委嘱する。
第3条
競技会規約・競技規程・日程は、主将代表者会議にて審議し決定は理事会に於いて決定する。

第2章 競技者

第4条
競技参加資格は、本連盟の学生でアマチュアたる資格を保有し、且つ本連盟に競技者としての登録をしたる者。又、初年度に於いて未登録期間に試 合に出場する場合は、学連総会の承認を必要とする。
第5条
競技会参加資格は、次の場合これを失う。
第1項
日本ゴルフ協会及び九州ゴルフ連盟よりアマチュアたる資格を停止、又は剥奪された者。
第2項
本連盟より競技者たる資格を停止、又は剥奪された者。
第3項
加盟大学より停学その他の処分を受け、処分期間中及び未だ解除の処分を受けぬ者。
第4項
連盟登録初年度より4年を経過した者。但し、その4年間で学校に認められた留学や病気、その他の理由でクラブを1年単位で休部し、なおかつその年度の試合に1試合も出場しない場合に限りその年は加盟年数に数えない。
第5項
1年間の修得単位数が16単位未満の者。
第6条
登録
第1項
エチケット、ルール並びに競技管理上のあらゆる規定を熟知し、且つ厳守すること。
第2項
常に学生スポーツマンとして立派な態度を保持し、公正な言動を為し、言語を慎むこと。
第3項
競技会に於いては、ルールブック(2007年度版以降)、埋土袋、スコップ、グリーンフォーク、保険加入者は控えを常に携帯すること。 忘れた時に正当な理由なき場合、1回目は警告、2回目は失格とする。又、選手は常に目土、を徹底し行うこと。
第4項
イ.プレーは迅速に行うべく努めること。(4サムで9ホール2時間を厳守とする) ロ.服装はゴルフウエアの襟付きそで付きシャツを着用し、競技においては、自校のユニホームを用い、ユニホームのない者は無地ベースのゴルフウェアとすること。ストライプ単色可・チェック不可。短パン(女子は除く)等は禁止。派手なものは着用しないこと。頭髪は学生らしいものとし、 他人に不快感を与えるような髪型、著しい染色は禁ずる。装飾品は厳禁とし、女子のピアス・お守りなどもー切不可。※ 喫煙は連盟役員が指定た場所でのみ許可する。スタートして、アテストが終了するまでに 喫煙者を発見した場合、その競技に於いて失格とし、その試合から6ケ月間の出場停止とする。
第5項
競技運営に関しては、各競技ごとに、競技委員の指示に従うこと。
第6項
クレーム(抗議)は、原則とし、主将又はマネージャーを通して行わなければならない。
第7項
競技会においては、男子、女子ともにラージボール(但し規格外は不可)使用のこと。
第8項
競技者は、ゴルファー保険に加入すること。
第7条
参加申込方法
第1項
出場希望校(者)は、申し込み締め切り期日中までに必着するように申し込むこと。主将・主務が不在の場合、副主将、副主務、又は会計が署名・捺印の上、申し込むこと。
第2項
申し込み記載選手以外の出場は認めない。又、申し込み記載事項の訂正は原則として認めない。
第3項
申し込み後、正当な理由失くして出場せざる者は、謝罪文を書かせ、以後の申し込みを拒絶することがある。
第4項
出場の取消しはやむを得ぬことがある場合のみ、申し込み締め切り期日までに、その旨を文書で申し出ること。
第5項
申し込み用紙を無くした場合、その他不当な理由の場合、再発行はしない。
第6項
登録用紙未登録者、連盟加盟費未払いの者は、エントリーを認めない。
第7項
エントリー用紙にミスがある場合(主将、主務及び監督又は顧問の印)、印鑑がない場合にはその該当する競技会への出場を認めない。

第3章 大会及び競技会

第8条
本連盟主催の競技を分けて対抗戦(団体戦)及び選手権(個人戦)とする。
第9条
競技方法は原則として、マッチプレーないし、ストロークプレー(共にスクラッチ)に限る。
第10条
九州学生ゴルフ連盟杯春季リーグ対抗戦
第1項
毎年1回春季に行う。
第2項
各校エントリー8名、出場者は各校5名とし、上位4名の18H'sストロークプレーにて順位を決める。
第3項
第1日目18H's、2日目18H'sの計36H'sストロークプレーとする。
第4項
順位の決定において同点の場合は5番目の合計ストロークにより、順位を決定する。
第11条
九州学生ゴルフ秋季リーグ対抗戦
第1項
毎年1回秋季に行う。
第2項
競技方法及び選手登録は次の様にする。
3日間の団体戦マッチプレーとする。エントリーは10名、出場者は6名の選手によりダブルス、シングルス戦を18H'sで同時に行う。ダブルスは勝者2ポイント、引き分け1ポイント、シングルスは勝者1ポイント、引き分け0.5ポイントとする。
第3項
リーグ戦の順位決定には、勝点を以てする。且つ勝点が等しき場合には、率のよいチームを上位とし、尚勝率が等しき場合には、全試合のポイント数の合計に依り、更にポイント数が等しき場合にはアップ数の合計に依り、アップ数が等しき場合には残りのホール数の合計の少ないチームを上位とする。
第4項
クレーム(抗議)は原則として、主将又は、マネージャーを通して行われること。
第5項
全試合出場者中の勝率の1位の者を最優秀選手として表彰する。
第6項
Aリーグ4位校とBリーグ4位校とCリーグ1位校は、後日行われるとする。
第12条
入れ替え戦
第1項
毎年、秋季に行う。
第2項
基本的に18H'sマッチプレーとする。ダブルスは勝者2ポイント、引き分け1ポイント、シングルスは勝者1ポイント、引き分けけ0.5ポイントの、計12ポイントにより行う。
第13条
九州女子学生ゴルフ連盟杯秋季リーグ対抗戦
第1項
毎年1回秋季に行う。
第2項
各校エントリー8名、出場者は各校5名とし上位4名の18H'sのストロークプレーにて順位を決める。
第3項
第1日目18H's 2日目18H'sの計36H'sストロークプレーとする。
第4項
順位の決定において同点の場合は5番目の合計ストロークにより、更に同点の場合は4,3,2,1、の順に合計ストロークによって順位を決定する。
第14条
九州学生ゴルフ選手権(九州ゴルフ連盟主催競技)
イ.毎年1回夏季に行う。 ロ.第1日日第2日日共に18H'sストロークの計36H'sストロークプレーとする。 ハ.本戦出場者数は、競技委員会において決定する。
第15条
九州女子学生ゴルフ選手権(九州ゴルフ連盟主催競技)
イ.毎年1回夏季に行う。 ロ.第1日日第2日日共に18H'sストロークの計36H'sストロークプレーとする。 ハ.本戦出場者数は、競技委員会において決定する。
第16条
西日本新聞社杯争奪九州学生ゴルフ選手権
第1項
毎年1回春季、個人戦として行う。
第2項
第1日目に18H'sストロークの予選、第2日目に上位30位タイ迄の者で18H'sストロークの決勝を行い、計36H'sストロークプレーとする。フリーエントリーとし、本年度も在学する者とする。
第3項
女子のエントリーが6名以上の場合のみ女子の部も開催する。競技方法は、第1日目18H'sストローク、第2日目18H'sストロークの計36H'sストロークプレーとする。
※エントリーが6名未満の場合は、競技委員会にて改正できるものとする。
第17条
麻生杯争奪九州学生ゴルフ選手権
第1項
毎年1回夏季に行う。
第2項
第1日目に18H'sストロークの決勝を行い、計18H'sストロークプレーとする。
第3項
女子のエントリーが6名以上の場合のみ女子の部も開催する。競技方法は、第1日目18H'sストロークの計18H'sストロークプレーとする。
※エントリーが6名未満の場合は、競技委員会にて改正できるものとする。
第18条
九州学生ゴルフ新人戦
第1項
毎年1回秋季に行う。
第2項
18H'sストロークプレーとする。
第3項
出場資格
イ.連盟加入期間が1年目の者に限る。 ロ.公式戦出場選手は参加資格がないものとする。
第19条
九州学生ゴルフ女子新人戦
第1項
毎年1回秋季に行う。
第2項
18H'sストロークプレーとする。
第3項
出場資格
イ.連盟加入期間が1年目の者に限る。ロ.公式戦出場選手は参加資格がないものとする。
第20条
スポーツニッポン新聞社杯争奪九州学生ゴルフ選手権
第1項
毎年1回夏季に60名内外の選手にて行う。
第2項
第1日目に18H'sストロークの予選、第2日目に上位30位タイ迄の者で18H'sストロークの決勝を行い、計36H'sストロークプレーとする。
第21条
スポーツニッポン新聞社杯争奪九州女子学生ゴルフ選手権
第1項
毎年1回秋季に60名内外の選手により行う。
第2項
第1日目18H'sストローク、第2日目18H'sストロークの計36H'sストロークプレーとする。。
第22条
KBC九州朝日放送杯争奪九州学生ゴルフシリーズ
第1項
毎年1回秋季に16名の選手により行う。
第2項
 
マッチプレーとする。
第3項
出場者16名は、その年の年間TOTALポイント上位16名とする。16位タイが生じた場合はスポニチ杯の上位者とする。
第23条
DUNLOP.Univ2Daysトーナメント
第1項
毎年1回夏季に行う。
第2項
第1日目18H'sストロークで行い、2日間競技とする。
第24条
その他の本連盟主催の競技会においては、委員会の決定による。
第25条
DUNLOP.Univ2Daysトーナメント女子選手権
第1項
毎年1回夏季に行う。
第2項
第1日目18H'sストロークで行い、2日間競技とする。
第26条
競技委員長以下、競技委員はその競技において、一切の責任と権限を有する。
第27条
エントリーフィーは、主将代表者会議の審議を経て理事会に於いて決定する。
第28条
その他の注意事項は理事会・競技委員会に於いて決定し、競技要項にて発表する。

第4章 雑則

第30条
キャディは競技委員会が認めた場合以外禁止する。スタートの指示を受けてからアテスト時(マッチプレーでは勝敗が決定する時)までの間に応援もしくはギャラリーの者にキャディバックを運ばせた場合は失格となる。
第31条
イ.競技中におけるギャラリー・応援の者は、選手に対してアドバイス、ボール拭き、ピン持ちを一切禁止する。
ロ.埋土袋・スコップを落とした場合には、応援の者から譲り受けてもよい。
ハ.前のホールにクラブを忘れてきたような場合、プレーの進行上ギャラリーに取りに行ってもらってもよい。
ニ.応援、ギャラリーの者がOBのボールや暫定球を拾ってくることは許される。但し、プレーヤーの作ったディボットの埋土やバンカー均しは、プレーヤー本人が行うこと。
ホ.応援、ギャラリーの者は選手に準ずる服装で埋土袋、スコップを携帯し、カート道又はラフを歩く。(応援は競技委員が認めた競技会のみとする。)
ヘ.応援、ギャラリーの者が埋土袋、スコップを携帯しなかった場合、選手にペナルティーを加す。
ト.個人戦・団体戦に限り監督・コーチの立ち入りを各大学1名許可する。ただし競技当日諸手続を完了した者のみとする。ただし、連盟に登録している者に限る。(当日登録は受け付けないものとする。)コース内では学生と同じ扱いとする。喫煙は学連の指定した場所のみ可、コース内に入る場合は必ず大学の統一したユニフォームを着用し、埋土袋を携帯すること。また、プレー中の選手へのアドバイスは禁止するが、九州学生春季リーグ対抗戦及び九州学生ゴルフ連盟秋季リーグ対抗戦に関しては可とする。これらの規程に反した場合は今後その者のコース内への立ち入りを一切禁止する。
第32条
競技成立のための条件
競技終了時点、競技委員により成績発表がなされた時点をもって終了したものとみなす。
第33条
欠席
イ.エントリー後、もしくはシード選手が競技会を欠席する場合、大会3日前までに欠席願いを提出すること。大会3日前までに欠席届がない場合は、エントリーフィーを支払わなければならない。
ロ.急病或いは急用のために欠席する場合には、当日スタート時間前までにコースまたは学連に連絡すること。後日、1週間以内に欠席届を提出すること。
ハ.上記の行為をなさずして欠席した場合、無断欠席と見なされ、次回の試合は出場停止処分とする。
ニ.学連指定の練習ラウンドにおいても同様とする。ただし無断欠席の場合は、当該競技会の参加を認めない。
第34条
失格
第1項
遅刻者(アピアー(開会式)の時間に間に合わなかった者)、埋土袋、ルールブック、連盟委員証、グリーンフォークの不携帯者1回目は警告、2回目は失格とする。スタート時にアクセサリーをつけていた者も失格とする。また、連盟役員が協議して試合参加不当とみなした者も出場停止とし、失格とする。
第2項
喫煙者、カード提出ミス者は即失格。埋土を怠った者には警告、その後再度怠った場合は失格とする。
第35条
リミットオーバー
第1項
男子個人戦においては、1R36オーバー以上、1.5R54オ−バー以上をリミットオーバーとする。
第2項
女子個人戦においては、1R72オーバー以上をリミットオーバーとする。ただし、新人戦は除く。
ただし、上記に関してはリミットオーバーを除く競技もある。学生競技委員会が指定した競技とする。計36H'sストロークプレーとする。フリーエントリーとし、本年度も在学する者とする。
第36条
罰則
第1項
本連盟主催の競技における失格者およびリミットオーバーの者は、本人の謝罪文に、所属クラブの主将と、監督又は顧問の印を捺印のうえ、10日以内に学連事務所へ提出すること。
第2項
男女新人戦を除く、個人戦における謝罪文提出者は、次期出場可能な個人戦の出場停止、並びにその所属校の、次期試合出場者枠をその人数分減らす。
第3項
男子は、4サムで9ホール2時間厳守、女子は4サムで9ホール2時間を目安として2時間15分を厳守すること。2日間各18H'sストロークの計36H'sストロークプレーとする。これに遅れた場合、競技委員の判断により、警告後2ペナルティーを課す。その他の場合においても、競技委員の判断により、警告後2ペナルティーを課すことがある。
第4項
当規定に従わない者や、エチケットマナーを守らない者は、学連の評議の上、ペナルティーを課すことや、本連盟の競技者の資格を停止することがある。
第37条
当規定の改定は学連絡会の3分の2以上の賛成を必要とする。
イ.本連盟の競技規程ならびに細則は別にこれを定める。
ロ.本規程は2007年2月10日より施行する。尚2004年4月1日改正の九州学生ゴルフ連盟規約競技規程は本規約施行と同時に廃止する。
着用可

・筋肉の振動を抑え、疲労を軽減する。
・瞬時に汗を吸収、発散させる
・体温を保つ
・血液循環の向上
  着用不可

・防寒のためだけに着用
・Tシャツのように袖がダボダボしている
・着用する場合は、上にセーター等を着用し、袖が見えないようにする
・タートルネックシャツも同様